記事リスト

>特集>失敗しない香典返しの贈り物!カタログギフトから選ぼう

失敗しない香典返しの贈り物!カタログギフトから選ぼう

冊子

お葬式というのは慌ただしく、お棺やお花ならまだしも、香典返しなど正直何でもいいと考えがちです。しかし弔問に訪れる方々は故人との生前の関係を考え、忙しい時間をさいてきてくださいます。故人のことを考えるならばなおさらのこと、きちんと香典返しをしないと礼を欠くことになります。昔なら近所の人が手伝ってくれたものですが、今はなかなか難しいのが現実です。上手にカタログギフトを利用しましょう。葬儀屋さんはカタログギフトの会社と提携しています。煩わしく考えず、カタログの中から選べばいいのです。弔問客に一律に渡すものとしてはタオルやお茶なのど無難ですが、そうめんなど日持ちのするものや洗剤なども人気です。カタログは地域性も配慮されています。多種多様な香典返しが掲載されていますから自由に選びましょう。また、予想外に高額の香典をいただく場合もあります。追加でお礼の品を贈るときも、カタログギフトを利用するケースも増えています。相手の好みや地域性を考えてお贈りすれば、直接渡しに行くよりもスマートです。相手も気楽に受け取っていただけるでしょう。

うっかり香典返しを渡し忘れることだってあります。その場合もカタログギフトの会社から品をお送りすれば、こちらの誠意は十分に伝わります。また、香典返しには薄墨で書かれた挨拶カードを添える必要がありますが、挨拶の文面をどうしようか遺族はなかなか頭が回らないものです。こういう作業も業者さんに安心して任せることができます。ありがたいことに、すでに弔問客のリストが出来ているので葬儀の後の49日や初盆、1回忌の際にお返しの品を準備するときや喪中のはがきを出すときにも便利です。香典返しは葬儀の付け足し、手土産のように錯覚しがちですが、今後の家同士の付き合いを考えるからこそ、最後の最後までぬかりなく、きちんと行いたいものです。

カタログ